2003/11/27 01:40


昨日の今日で。

逆さメガネには、三次元空間に埋没した人間の意識を
三次元から四次元へと引き上げる力がある

どうですか?ものすごく欲しくなってきませんか…
なんだかカルトな匂いを感じてしまうのは会長だけでしょうか。
そんなワケで、
上下逆さま常備の驚きアイテム「サカサマスコープ」を開発中の会長です。

さて、会長の乏しい知識では実現化が難しいとされた逆さメガネ。
思い切って昨日、知覚心理の専門家の方にメールを出したんですが、
もう返事が来ました。
しかし素晴らしいほど展開早いなあ…。

試作品を経て年内中に完成品が出来ればいいかな…と(遅いですか?)
まあ、随時進行報告ってカタチで…(いりませんか…)

それから、ギャラリー更新しました。ポストカードとかを3点程。
よろしくどうぞ。です。

なまえ:会長
こめんと
部長 2003年11月27日 02:58

返事来たんだね。早いなあ。
やさしい専門家の方でよかった。
サカサメガネ、部長も作りたいー。

会長。 2003年11月27日 10:59

もちろん、サカサマスコープは公開させてもらいますよ?
ただ、ナゾイロサポーターと違ってコストがどの位かかるのかが心配。
教えてもらったのはアクリル製の鏡を使って作るモノなんだけど、その鏡が果たしてどの位するのか…
プリズムを使うものよりは遥かに安く作れるそうなんですが…
型紙を公開するのは簡単なんだけど、「鏡は買って下さい」、
「ちょっとお高いのですが…」ってのもどうかと…

会長は作りたい本人だから全然構わないんだけど、
ちょっと試したいって人には敷居が高いかもね。
多少質を落としても、もっと安価な素材で似たような効果が得られるモノを作る研究は必須かと思います。

てか必死だな>自分

いやいや、みんなが作れないんだったらイミないし!
小学生でも「これなら作れそう」って思えるようにしたい。
だったら材料費はどんなに高くても500円以内に納めたい。
それでも高いと思うし…
って、専門家の方に言ったら怒られそうですが…

こうじ 2003年11月29日 21:08

さっきTBS「ホムンクルス」で逆さメガネの実験をやっており、さっそく検索したところ、このHPに辿り着きました。
是非作って、設計図を公開してください。

個人的には立体写真のステレオアダプターを連想してしまいました。
例えばこんなのです。↓
http://photo3d.hp.infoseek.co.jp/3d-reg.htm

会長。 2003年11月29日 23:31

初めまして。書き込みありがとうございます。

テレビで逆さメガネを紹介していたんですね!
知りませんでした…悔しいなあ。
てことはウッカリここに辿り着いちゃう人続出かしら…
申し訳ないです。

そうですね、ココには説明じみたコトは書いてないのですが、
「原理はとりあえず後にして、とにかく体験してみよう」
ってカンジなのです。
とは言え、純粋に逆さメガネを作るというよりは、
それをかけてゲームをやることが目的でして…

来週あたりから少しずつ「逆さメガネ」のページを増やして行く予定です。実際に簡易版の型紙もPDFでダウンロード出来るようにと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

部長 2003年11月30日 00:34

ホムンクルスってすごい名前だな。
確か錬金術系の単語だったような気がする。(うしおととらかなんかで読んだ)
何番組なんだろう。
というわけでなんか一般市民を巻き込んで来てしまいましたね。
今日会長さんに話を聞いた所、だいぶ手応えがあるような感じだったので楽しみにしていて下さい。

こうじ 2003年11月30日 23:42

「逆さメガネ」売っているのか気になりざっとググったのですが「養老猛の」(PHP新書)ばかりヒットして困りました。
結局、製品化はされていないのでしょうか?
だとすれば作ったら売れるかもしれませんね。

サカサマスコープをバーチャルボーイカラーにすると意外とイケるかもしれませんよね?
とありましたが、大賛成です。

バーチャルボーイ持ってるもので…。
ちなみにバーチャルボーイ通信なんてのもあったんですよ。創刊号で廃刊でしたが。
こういうマニアックなの好きなんですよね。

昨日はなんのあいさつもなしに書き込んですいません。
通りすがりのつもりで気軽に書き込んでしまいました。
時々チェックしてますので、よろしければまた書き込ませて下さい。

会長。 2003年12月02日 04:24

お!持ってるんですね。>バーチャルボーイ
会長は身内が持ってるので自分では買ってないのですが…

そうそう、逆さメガネの試作品が出来たんですよ。
こうじサンがテレビで見たモノとは、おそらくだいぶ違うかと…
大概心理実験で使用されている逆さメガネはプリズム式で、
アレを作るとなるとけっこうコストがかかるんです。
このサイトでは、「みんなに作ってもらう」のが目的なので、
もっと安く作れる逆さメガネを公開します。

子供用の工作キットみたいなカンジなのですが、
それでもプリズム式と似たような効果があるので、
よろしければ試してみてくださいね。

こめんとを書く












このページのトップへ