2003/12/03 02:13


逆さメガネで上下サカサマ

お待たせしました。
昨日お伝えできなかったサカサマスコープのレポートをお伝えします。
なんか久しぶりに怯えるような眼差しを感じてきました。

まず、サカサマスコープ再起動です。
上から
会長曰くバーチャルボーイをモチーフにして作ったとの事で、深紅のボディーです。
実物は厚紙なのですが、写真で見るとやたらリッチに見えますね。
映画アキラに出てくる金田のバイクっぽくもあります。もしくは旧ソ連軍の暗視スコープ。
赤だけど。

前から
前から見るとこんな感じです。
何故か部長はトランスフォーマーのコンボイを思い出してしまうのですが、気のせいでしょうか。
っていうかナゾイロサポーターに比べた出来のよさが会長の気合の入り方を物語っていて笑えます。

VIRTUAL BOY
ロゴもばっちり再現。ていうか一番リアルなのがロゴ。
なんか当時のバーチャルボーイとか思い出すと泣けてくるな。
果たして初めてバーチャルボーイをプレイしたような感動を得る事ができるのでしょうか。

プレイ中
装着…。
えーっと一度装着してしまうと、客観的な自分の様子などさっぱり気にならなくなるので、シンクロ率は一気にアップします。
そして人が近づく事の出来ないほどのATフィールドを一気に展開します。
昨日少し書いたりしたのですが本当に逆さに見えるのです。
ボタンや手が上に見える不思議な世界。
文字の左右が反転してしまうので、会長にサポートしてもらって曲とオプションを選択します。

さて、どの程度効果があるかを測定するために部長はあるアイディアを思いつきました。

部長は普段バラバラスピードなどのオジャマを好んでプレイしているのですが、会長の領域である「上下逆さま」には手をだしていません。何回かプレイした事はあるのですが、よほどレベルの低い曲しかクリアできないヘタレなのです。
その部長が「上下逆さま+最初から最後までオジャマ」を「サカサマスコープ」をつけてプレイすることで、逆の逆は真、即ち「周りから見ていると上下逆さま、でも自分は通常譜面」でクリアできるのかという実験を行うというわけです。

というわけで部長の腕ではクリアできないグランジデスHにトライ。
プレイ中2
ちょっと視界はせまくなりますが、普通にプレイできます。
鏡から覗くかたちになるので、譜面がちょっと遠いかな。
でもいけるいける。

グランジデス
というわけで、グランジデスクリア。いえい。

調子に乗って禅ジャズH。
禅ジャズ
写真がボケちゃってますけど、これもいけました。
スコープが少しずれてきてしまったのですが、顔を右に傾けながらどうにかクリア。
上を向くと画面が下に行く、下を向くと画面が上にいくという感じなので、プレイ中に気を使います。

ガバExもやってみる。
ガバ
ここで気づいたのですが、ガバように左右に振られる曲はスコープが揺れるんですね。
で、普段視界の揺れって目が反射的に補正しているんですが、スコープをつけている状態で頭が右に傾くと画面は左に傾くって具合に画面だけ逆に揺れるので、補正が効かなくなって譜面が非常に見づらくなります。地震でグラグラなんて目じゃない程に。
普段目がどれだけ揺れを補正してくれているかというのが身をもって実感できました。

最後に部長の好きなシンフォニックメタルをプレイ
シンフォニックメタル
これも結構画面が揺れるのですが、いつも通り熱唱しながらプレイ。(歌詞は適当)

まあそんな感じで、普段オジャマをつけたらクリアできない曲もバッチリクリアできました。
画面が遠くに見えるので目押しを強いられるようなBPMの低い曲なんかはちょっと大変かもしれませんが、これはかなりの効果です。
これを使えばサカサマーIRでも上位を狙えるのではないでしょうか。
「それって上下逆さまじゃないじゃん」っていう意見は内緒にしておいてください。

あ、でも副作用として、4曲やると結構目が疲れる。
やっぱり目の補正がいつもより大変だからかなぁ。
それと周りの目が…。

興味のある方はいずれ会長がPDFファイルとかで作り方とかを公開すると思うので是非プレイしてみてください。
その時は是非レポートをPTAに報告してくださいね。

あ、でも具合が悪くなったりとか、目が悪くなったりとか、人間関係が悪化したとか、親に見られて勘当されたとかの責任はPTAでは取れませんので、その辺は自己責任でお願いします。

なまえ:部長
こめんと
会長。 2003年12月03日 03:17

あれっ?ホントにコンボイっすね…
フリクリのカンチとか言ってくれないんすか?

てなカンジで、どうでしょうか…今回の零号機の出来は。
上下逆サマ常備アイテムってコトで、
そりゃ会長の力の入れ具合も変わるって…マジ、真剣でした。

正直、バーチャルボーイを持ち出してきた辺りで
「失敗作」と連想した方もいるとは思いますが…

今回はサカサマスコープの効果を説明するために
上下逆さまでチャレンジしてもらったワケなのですが、
本来コレは「サカサマがラクにクリア出来る」アイテムじゃなくて、「おジャマじゃなくてもサカサマが付けられる」アイテムですので、勘違いしないように注意!

コレ着けてサカサマクリアしても会長は認めませんよ。>部長

そしてサカサマー(修行中)である会長の体験談ですが、
「正直ポップンのサカサマよりムズかしい」です。
でも、ノーマルモードもエキスパートもバトルも全て
上下逆さまで出来るので最高に楽しいのは確か。
ポップンのおジャマ攻撃との組み合わせも楽しめるし。

今回の実験で今後の課題点がはっきりしたので、
次回はそれを改善しつつ、よりカスタマイズしたいと思います。
待て、次号!ってコトで…よろしく。

こうじ 2003年12月03日 18:40

凄い…。凄いっす。
正直、本当にヴァーチャルボーイスタイルにするとは思いませんでした。
でもカコイイっす…。
僕も作りたいです。

この前、テレビで見た実験はスコープを40日間ずっとつけて生活するというもので、
ルールとして、外してもいいが外す時はアイマスクをつけるというものでした。
実験結果をかいつまんで述べますと、
スコープをつけて最初の3、4日間は全く体がいうことをきかず気分悪くなったりしていたのが、
1週間くらいしたら簡単な動作をはじめキャッチボールも可能となった。
そして面白いのが、40日後にスコープを外したら、
以前みたく普通にしていた動作もおぼつかなくなっていたこと。
つまり、逆さまの世界に慣れてしまったのです。
でも数時間後には元の世界に戻ることができたわけで、
人間の脳というのは順応性に優れているという実験でした。

部長 2003年12月04日 00:59

有名どころで、既知かもしれませんが、
逆さメガネの話
http://homepage3.nifty.com/sakasama/
というサイトでも実験の結果を掲載しています。

順応性といえば、僕達がやっているゲームもその中の1つなのかもしれませんね。
最初はボタンを押すのが精いっぱいなのですが、じょじょになれてくると、反射的にボタンに手が向かうみたいな感覚。
逆さメガネはそれが視覚で起こるから結構ダイナミックで面白いんでしょうね。

たださすがに40日間付け続けるのは社会への順応性の方が心配になりますが。

会長。 2003年12月04日 03:17

なんか好印象じゃないですか!
やる気出て来たよ…ありがとうございます。
確かに掛け続けると逆さまの世界に慣れてくると本にも書いてました。でも、ここのサカサマスコープは少し上を見上げないとちゃんと機能してくれないので、数時間続けるのもキツいです。涙)

おそらくポップンでいつもサカサマをやってる人達は、逆さメガネをかけた時、周りの世界の異変には気付いても、ポップンに対しては「譜面ホントに逆さまになってるの?」って思うと思います。

見慣れた画面なので変化に気付くのが少しだけ遅いんです。
サカサマーの人だったら、一瞬「アレ?」ってなって「なるほど」と感じ、「それなら」って対応できるハズです。
あまり慣れてないと、掛けた瞬間に気持ち悪くなったりしてポップンどころじゃないってコトもあるかもしれません…

とりあえず今回載せたのは試作品なので、
みんなに試してもらうにはもうちょっと時間がかかると思います…
てか、実際サカサマーの人達の反応はどうなのか…
怖くて聞けません…

こめんとを書く












このページのトップへ