2004/01/16 00:42


言い訳。

えーと。背面KUN
大失敗でした、てか失態か…
かなりの力入れて作って思いっきりハズしてますからね。
今となっては零号機がジャマなのですが…デカいし…正直処分に困ってます、会長です。
でも勉強になりました、ホントに。もちろん強がりですが

単純に「目の前に画面を持って来て、後ろでボタンを押す」というイメージで、
背面KUNを作ったのですが、実は自分の体の前後でも反転が起きてて今回のような結果(逆側のボタンを打ってしまう)になったワケです。

ちゃんと正規譜面が見えているのに、実際に自分が叩いているのは逆側(ミラー譜面)ってコトは、真っ向から背面にチャレンジ(つまり暗譜する)する時はミラー譜面を暗記するの?
っていうと、正規譜面でも大丈夫なんですよね…

何でって言うと説明がムズかしいのですが…例えば、
鏡の前で、鏡に写った紙を見ながら文字を書いてみると、裏文字(反転した文字)を書いてしまうと思うのですが、目をつぶって感覚のみで書いてみると普通に書けますよね?

暗記している場合はイメージ(譜面)とそれに伴う運動(ボタンを叩くという行為)のされ方は一致しているのですが、現実に譜面を見る場合はそれらが入れ替わるってワケ。
…人間ってフシギだね!

人間の視覚認識というのは…
え?もう説明しなくていいんですか?
あ、ハイハイごめんなさい。話長いよね!ごめんね!

だから普通に鏡で後ろが見えるようにするだけで全ては解決するみたい。
あ、でも譜面見えてもボタン押すのすごくツライですね…。ムズかしい。

そんなワケで。
ポップンの後ろに鏡があるゲーセンとかに行けば背面の練習が出来るワケですよ…

さて。振り出しに戻ったワケなんですが…
なんか背面KUNはアイテムとしては成立しないような気がして、
ちょっとだけテンションが下がってます(笑)。

が。

それを敢えてアイテム化してみるのもまたイイかなとか思ったよ、今。
もう少し頑張ってみる。
今度はもっとスマートなデザインにします。多分。
部長さん、恥ずかしい思いさせてすまなかったね!

なまえ:会長
こめんと
部長 2004年01月16日 02:39

なんか難しいお話だけど、文字を書くというくだりでなんとなく分かった。
ミラー譜面を暗記するというわけではないのだね。

まあ、失敗は成功の母といいますので、きっと何かの役に立ったり立たなかったりする事でしょう。

いやしかし、一生懸命映像が反転しないように努力したのに、こんな結果になってしまったのはちょっと悲しかったね。
まあ、あまり賢いわけではないので、結局出たとこ勝負するしかないんですけどね。

極弐さんにも「いろんな意味でがんばりすぎ!」と言われているptaですが、これからも意味不明にがんばる姿勢は失いたくないものです。(なぜ

恥ずかしかったけどいい経験でした。人生何事も経験ですから。

会長。 2004年01月16日 06:53

うん。よくよく考えれば気付きそうなんだけど…
実際やってみなくちゃ分からなかったと思う。
失敗はしたけど作るのは楽しかったし、ジャマとか言ってるけど、仕上がりはとてもキレイに出来たと思う。

そしてゼーレはイキだと思う…
デザインとか変えなくてもいいと思う…

でも恥ずかしいと思う…

矛盾してるかなあ?

こめんとを書く












このページのトップへ