2004/06/04 05:08


話せば長くなる。

さて。
巷でウワサの片手サポーターですが、今日は会長の意見を聞いてもらえませんか?
何を言ってるのかサッパリ分からないかもしれませんが、その辺は気合いで感じとっていただけたらと思います。誤解したっていいじゃないか。会長です。

「複雑な譜面をあんみつ技法で簡略化」という点に着目して、通常ポップンはボタンを押さなければならない(当たり前)のですが、「ボタンを直接押さなくても押された状態になる」というコトが出来ればイイんじゃないかと。

そこで思い付いたのが、ボタン同士の連結。

botan.gif

図のように、普通なら押さない部分(赤い部分)も押せるようにして、近隣のボタンをひとまとめにコントロール出来るようにするのはどうかと。
例えば、赤い三角形の底辺の真ん中を打てば白と緑のボタンも同時に打てるといったような…
従来通りボタンを直接打つのと、新しく打てるゾーンを作るコトで可能範囲を広げるカンジでしょうか。

今までの感覚で打てない可能性もありますが…慣れればイケそう?時間かかりそう?

問題はソイツをどうやって作るかです…
ボタンカバーみたいなカンジになるのかな…会長にはムズかしすぎてよく分からないヨ。

指長くするアイテムで問題なければ、そっちにしたいのですが…
どっちにしても、何かしら不便なトコが出そうな気もします(弱気)。

<余談>
背面KUN壊れてきたですか?使ってくれているのですか…それとも何もしなくても勝手にとか…嬉しいような、申し訳ないような…

なまえ:会長
こめんと
部長 2004年06月05日 03:43

なるほど。
しかし、あれですね。片手のプレイは難易度があがると結構激しかったりしますので耐久性を維持するのが大変そう。しかもこれ使って筐体に傷とかつけるのもいけない事なので大変だ。
目の付けどころは大変良いと思うのだけどその辺を解消していくのが問題ですな。
少し単純な発想で一番遠いボタンとか一番押しにくいボタンを近くにするというはどうでしょうか。

んー。普段片手をやらなすぎるので、今度ちょっと真面目にやってみますか。