2004/07/17 21:46


かさぶた

先日のフットサルでできた傷がかさぶたになってきてきました。
漢字で書くと瘡蓋。
結構大きなかさぶたなので、とりがいがありそうです。
でもかさぶたって取った方がいいのか悪いのかよくわからなかったので、調べてみました。

のですが、なんか結構生々しいサイト(傷だからしょうがないよね)が多かったので、かさぶたくん という本だけ紹介しておきます。

「とりたいなあ とりたいなあ かさぶた とりたいなあ」
なんか結構評判いいみたいです。かさぶた取りたい気持ちは子供の頃からある根元的な欲求なのですね。きっと。

少し調べてみたら無理してとってはだめ。自然にとれるなら取ってしまった方がよい。という感じのまっとうな答えが返ってきました。
現在の部長のかさぶたはとれそうでとれない。取ったら確実に血がでるけど、とりたい。という非常に中途半端な状態です。
ここは冷静に我慢しておきましょう。

でも、お風呂上がりとかに魔がさしたらきっと取ってしまいそう。
うー。もどかしい。

なまえ:部長
こめんと
会長。 2004年07月17日 21:55

うむ。かさぶたの位置といい大きさといい部長サンにふさわしい本ですね「かさぶたくん」。

アレだ。ふーふーしながらとってまえ。

こめんとを書く












このページのトップへ