2004/08/08 00:06


Pygame

あまり難しい事を考えずにプログラムできる「スクリプト言語」というものがあります。
PerlやらRubyやらと呼ばれる言語がそれにあたるわけですが、Pythonというオランダ生まれのスクリプト言語があります。
日本ではまだあまり知名度が高くないかもしれませんが、欧米では結構な人気がある言語だそうです。
そのPythonで簡単にゲームを作る仕組みとして、pygameというものがあります。
もともと気軽にプログラミングできるというのがスクリプト言語の強みなので、メモリがどうとかバッファリングがどうとか考えながらガリガリと作るという事をしなくても、気軽にゲーム作れるという仕組みなわけです。
また、作ったゲームはPythonがインストールされているコンピューターでしか動かないと思っていたのですが、py2exeというソフトウェアを使えば、単体で実行できるEXEファイルも作れるようなので配布するにもいい感じです。

なかなか面白そうなのでしばらく眺めていたら、Pygameで作られたDDRを発見。
ちょっと時間がなくて試していないのですが、スクリーンショットを見る限りなかなか完成度も高そうです。
音ゲーはシューティングゲームなどに比べれば動かすオブジェクトは少ないと思うのですが、ポップンをプレイしていればよく分かるように人って意外に細かいところに反応できるので、音との同期とかその辺のリアルタイムな応答性とかはどうなんでしょうか。
時間があるときに少し試してみたいと思います。

ただ、PythonにしてもPygameにしても日本語の資料があまり無いのがちょっとつらい…。
と、あまり浮気をしていると会長に怒られそうなんで、今はとりあえずFlashをがんばります。

なまえ:部長
こめんと
会長。 2004年08月09日 01:14

会長にはちょっとムズかしいお話じゃの…英語だし。
比較的ラクに作れるゲーム作成ソフトといったトコロなのか?
でも、興味を持つのは全然良い良い。

ただ、コレでゲーム作るとなると本来Flashで作ろうと思っていたモノと主旨が変わってくるんじゃないかな?
第一、そうそうゲームなんて作るの大変だろうに…

作れたらスゴいと思うし、それこそ理想だけれど、今は浮気をせずにFlashの方をがんばれ(笑)!発想力フル回転で!

というワケで作成中の方の詳細希望。

こめんとを書く












このページのトップへ