2004/11/04 01:53


果実酒

今日は、先日綱島を訪ねた時の友人に、コンピューターが調子が悪かったのを直した御礼という事で、天ぷらをご馳走になりました。

行ったのは新宿にあるつな八という天ぷら屋さん。
賑やかな新宿の喧騒の中に、由緒正しいてんぷら屋のような佇まいなのですが、外に行列が出来ているほどの人気店でした。
はじめてカウンターで天ぷらというのを食べました。
揚げたての天ぷらを自分のお皿に乗せてくれるなんてすげー贅沢。
貧乏性の部長は恐る恐る「こういうところよくくるの?」と聞いてみたのですが、
「まあ、たまに弟と来る」との返事。
ブルジョア兄弟めっ!!

少し前に紹介したスプーンとフォークというお料理の本を読んでいたら、花梨酒のレシピがありました。
果実をアルコールにつけておくと、香りや風味がアルコールに溶けるのですが、そのお酒を果実酒と言います。
このレシピの場合だと名前の通り花梨をお酒に漬けるわけです。
花梨はもともと喉によい果物として知られていますが、花梨をつけて作ったお酒にも同じような効果があるようです。

果実酒ってあまり飲んだ事が無いのですが、ちょっと調べてみたら色々な種類の果物を使って作れるんですね。
梅やリンゴはもちろんの事、苺や梨やバナナ、果てはトマトやコーヒー豆で作っている人もいたり。
部長もビワで作ってみたいなぁと思ったのですが、結構量を用意しなければいけないようなので、もうちょっと安い果物から挑戦してみようかなと思います。

スプーンとフォーク

なまえ:部長
こめんと
会長。 2004年11月05日 01:40

天ぷらかあ…
前にバイトしてた料亭で、こっそり盗み食い(犯罪です)したのが過去最高に旨かった。隠れて食べるスリルがまた一段と味を良くするのか…クビになりましたが。

花梨酒はよく親が作ってたよ。甘くて甘い…とにかく甘かった。
柿とかでも作ってた気がする。

こめんとを書く












このページのトップへ