2005/01/04 01:51


温泉にー行きまっしょー

ふんどしはつけません。部長です。

お正月もあっという間に過ぎてしまいましたわけですが、最後にリラックスしとこうと思い、温泉へ出かけてきました。
田舎の温泉だし、まだ正月だから空いてるだろうと思っていたのですが結構大混雑。

サウナ
 ↓
水風呂
 ↓
温泉

というローテーションをひたすら繰り返すというのが普段の部長のスタイル。
サウナで体温を上げて、水風呂で冷やすのですが、目をつぶってなるべく動かないようにしていると、だんだん皮膚感覚が麻痺してきて楽しくなります。部長くらいになるとさらに浸かって聴覚が鋭敏になるのを楽しんだりします。
しばらくすると「なんかやばい」という感覚に襲われますのであまり無理をせずに出ます。
さらにここで温泉に入るわけです。これであのさむーい外から入ってきてお風呂に入った時のあのジーンという感覚が味わえます。これが何度も味わえるのがこのスタイルの醍醐味。

なのですが、こんなに混んでいるとペースが乱されそう、うまくいかなかったら時間を置いてまた入ろうかなと思いながら、とりあえずサウナに。
サウナも混んでるなぁ。ていうかよく見ると中にいる人みんな体に絵が描いてる人っぽいのですが、近くで新年会でもあったのでしょうか…。

かろうじて一席空いていたのでそのまま扉を閉めて立ち去るのも不自然なのでその場に座って見ました。
「あー、なんかドリフとかでこういうコントあったよなぁ」なんて思いながらじっと座っていると後ろに座っていた若い絵人間、俗に言う若い衆がご退場のご様子。出際に膝蹴りとか食らわされたらどうしようとドキドキしていたのですが、妙にかわいい声で「スイマセン」と言われたのでほっとしました。
1人の人間として裸で付き合えばきっと分かり合えるのですね。ていうか部長がびびりすぎなだけですか…。偏見持っててすみません。
いや、でも入り口にちゃんと「体に絵の描いてあるお客様はご遠慮ください」って書いてあるんだけどなぁ。

まあそんな出会いも大事にしながらいつものローテーションを5、6回繰り返していたら動悸が激しくなってきたので上がりました。
2時間位入っていた事になりますが、もうちょい若い頃は3時間とかいけたのになぁと多少の体力の衰えを感じながらイチゴ牛乳を飲んで帰りました。

やー、ゆっくりできました。
明日は東京に帰る日。さようなら実家。またくるよ温泉。

なまえ:部長
こめんと
こめんとを書く












このページのトップへ