2005/05/25 02:43


卵かけごはん

大人になってよかったと思えることの一つに「卵かけごはんを2杯食べても怒られない」が上げられると思うほど卵かけごはんの好きな部長です。

普段はご飯、卵、醤油のベーシックなレシピで食べているのですが、卵かけごはん専用しょうゆというのがあることを知って猛烈に欲しくなりました。
醤油にしてはちょっと高めの294円とのことですが、ミリンなどがはいっており、卵かけご飯にマッチした味になっているとか。

それよりも気になったのがリンク先のコ○助さんが愛用している「かき醤油」

かつお節、昆布、乾燥しいたけから取ったダシとかきエキスを加えた風味豊かなダシ醤油なりが、この甘みがあって、奥行きがある味わいの「かき醤油」で卵かけごはんを食べるのが最強だと信じて疑わないなりね。

そうなりか。かき醤油最強なりか。
というわけで、近所のスーパーにかき醤油を探しにいったのですが置いてない!!置いてないとなると逆に食べたくなるもので、少し足を伸ばしてあまり行かないスーパーにも行って見たのですがこちらも不発。

結局手ぶらで家に帰ってベーシックな卵かけごはんを食べる事にしました。
オイスターソースを少しいれたら似た味になるかなぁと思ったりもしましたが、貴重な卵かけごはんで実験をするわけにはいきません。とりあえず手に入るまでは我慢我慢。
でもくやしかったので、2杯目に醤油とめんつゆをブレンドしただし醤油を使って食べてみました。これも結構いけるね。

ごちそうさまです。

そいえばなにかのテレビ番組で、魚沼産こしひかりと地鶏の卵と高級醤油で卵かけごはん。というのをやっていたのですが、出演者の方がごはんと卵をガーっとかき混ぜていて幻滅。
やあ、まあ人の食べ方に文句を言うのは失礼だとは思うのですが、部長としましてはお茶碗の中で5分混ぜ位にしておいて、口の中でそれぞれの味が交じり合うハーモニーを楽しむという食べ方がオススメです。口に運ぶごとに微妙に味の割合が違うので飽きがこないし。
あまりトッピングはしない派ですが、会長に教えてもらった鮭フレークトッピングはかなり美味。この組み合わせだとお茶碗3杯位食べられちゃう。

結構奥深い卵かけごはん。10月にはシンポジウムも開かれるようです。

なまえ:部長
こめんと
こめんとを書く












このページのトップへ