2005/07/06 04:20


コミケ

アリエスの小部屋のこばやんさんからお声をかけて頂いて、コラムを書かせていただきました。
詳細はこちら

ほかにもでつ様やシロリちゃんも書かれているようですね。そしてあるアーティストさんのインタビュー掲載予定
誰よ、誰よ。
こばやんさんこんなこと教えてくれなかったですよー。

これは買うしか。
ptaの暴走気味のコラムが読めるのは「上半期ロケテスト総決算(仮)」だけ!!
ちなみにptaのコラムはロケテストとか全然関係なかったりします。

と、テンション高めにご報告させていただきましたが、親知らずの進行がとどめを知らず、その痛さゆえに実はかなりテンションが低い部長です。
歯医者嫌いだったのですが、わらをも掴む思いで今日予約をして行って来ました。
どうせ行くなら評判のよいところをと思ってネット調べてみたりしたのですが、調べれば調べるほど迷う。
ここがいいのかなぁと思うと、別のところでは「対応が悪い」とか書かれていたりして、もうどこへ行ったらいいのかかなり悩んでいたのですが、悩んでいる間にも歯の痛みは増大していくわけです。
らちがあかないので直感で決めました。まあこういう場合の部長の直感ほど当てにならないものないのですが、もうそうするしか手段が無かったのです。

電話したら時間を言われて終了。
症状を具体的に説明するとか、歯医者さんが怖いと宣言したりとかしたほうがいいのかと思ったのですが、なんかそんなま間もなく事務的に終了。
大ジョブなのかなあ。

まあ、果たして普通の歯医者さんでした。
相変わらず消毒のにおいを嗅いだだけで帰りたくなりましたが、レントゲンをとられ、
「これは親知らずが歯茎を押して炎症を起こしてるね。抜いてもいいけどとりあえずお薬で様子を見ましょう」
といわれ、なんだかとても苦い薬をチョイチョイと塗られ、お薬を渡され、お金を払って帰ってきました。

薬が効いているときはまだいいのですが、少し時間が経つとやっぱり痛い。てかだいぶ腫れてきてしました。
様子見るとか言って死んだらどうするんだよー。わーん。
とりあえずほっぺに冷えピタを貼って、マンガに出てくるような虫歯患者のような姿でエントリーを書いているところです。

人の虫歯話を聞いても大して面白くないと思いますが、これだけは言いたい。
歯は大事にしましょう
マジで。
もうホントほっぺが引きつって面白いことがあっても上手く笑えません。

なまえ:部長
こめんと
こめんとを書く












このページのトップへ