2006/05/09 02:49


うるまでるびペイント

【インタビュー】アニメーションソフト「うるまでるびペイント」 - アーティスト製ソフトは職人の伝統"自分の道具は自分で作る"

部長の中では「びっくりマウス」と「カプセル侍」で有名なうるまでるびさんがアニメーション用のソフトを開発しているというお話。
長年のアニメーション製作のなかで気付いたノウハウなどを織り込んでいるようでレポートを見てるだけでもー触ってみたくてしょうがないという気持ちになります。

とくにキャラクターを動かすという所に重きを置いているように感じられ、このページを読むとその製作工程の簡単さにおどろかされます。
平面に見えて実はコンピューター上では3次元の複雑な計算をして、なるべく自然に変形するように作られているみたい。
アニメーションってその見た目より作るのがうーんと大変なことだけど、こうして自分で描いたキャラクターが楽しく動かせるソフトというのは本当にすばらしいなあ。

また、ソフトの操作画面もボタンとか少なくて簡単そうなのもよいですね。
いろんなパネルとかアイコンとかで画面が埋め尽くされてしまうようなソフトだと、なんとなくそれだけでやる気というかワクワク感が削がれてしまったりするから。

どこで触れるの?と思ったけど残念ながらまだ未公開のソフトウェアとの事。
是非是非はやく遊んでみたい!adobeとかが買収してFlashに続く新しいアニメーションソフトとして販売してくれないかなぁ。

なまえ:部長
こめんと
こめんとを書く












このページのトップへ