2006/10/07 16:44


なぷすた

ナップスターはiPodに対応してないのかぁ。
逆にiTMSで買った曲はiPod以外のポータブルオーディオでは聞けないし、なんかこれからはプレイヤーを買うだけじゃなくて、そのプレイヤーで音楽を聴く環境を楽曲の購入から考えないといけなくなってきてるのかもしれません。

逆をいうとこういう細かいことを消費者が考えなきゃいけない仕組みってどうなのよ?と思ったりします。
部長は比較的コンピューターにもインターネットにも詳しい部類の人間なので、ちょっと調べてどの商品を購入するかという事を考えることができますが、そういった情報に疎い人がお金をためてプレイヤーを買っていざ大好きなミュージシャンの曲をダウンロード購入しました、というときに「お使いのプレイヤーでは再生できません」とか言われている風景を思う浮かべると可哀想すぎる。

会長さんがCDがすきなのはきっと安心するメディアだからじゃないかなぁとも思いました。
確かにデジタルデータってどこにあるかわからないし、ライナーノーツなんかは紙で読んだ方がいいというのもあると思いますが、それだけではなくて、CDってiPodで聞けるように変換もできるし、Windows Media Playerで聞けるようにも変換できる。デジタル変換だけじゃなくて、テープに録音したりすることもできるし。そういった規格の上にいる安心感なのかなぁと。

売る方もCDという形の方が売りやすいしなぁ。
部長みたいに音楽はPCでしか聞かないって人はCDすらも包装にしか過ぎないのでおき場所に困るなあとか思ってしまうわけですが。

なまえ:部長
こめんと
こめんとを書く












このページのトップへ