2006/10/15 20:23


メイド服を買いに

昨日はようちゃんさんが冬服が欲しいということなので、秋葉原のドンキホーテにメイド服を買いに行ってきました(若干嘘

会長さんが電車を乗り過ごして東京駅までいったりとかしていたけど、その辺は華麗にスルーして星鈴さんから聞いた情報によりドンキホーテに向かいます。
秋葉原のドンキホーテの5階にはコスプレフロアというのがあって、主にメイド服を主体としたたくさんの衣装が売っています。さすが秋葉原。
この手の衣装って超高いっていうイメージがあったのですが、そこはドンキホーテ。手ごろな値段のものが多いようですね。
ちなみに本気のが欲しかったら新宿に行けばいいとの事でした。

といっても基本的に女性向けの衣装がメインで、比較的細身な部長はまだしも背も高いようちゃんさんのサイズとなるとなかなかありません。
部長と会長が気に入ったシンプルで清楚な感じのメイド服はサイズが無く、他のデザインのLサイズを探してみたり、メンズコーナーにあるわずかな衣装を物色してみたりします。

どうにかこうにか2着程の候補が上がったので試着(!)するということに。
着慣れていないのか中でゴソゴソと動き続けるようちゃんを眺めながら、会長さんとメイド服について軽く議論を交わしつつ舞っていたら1着目が終了。

結果としては「肩が入らなくてダメ」との事。やはりいくらLサイズとはいえ女性用にデザインされているので肩幅や胴回りなんかは無理っぽい感じ。

2着目はメンズコーナーにあったやつでこれはワンピースじゃなくブラウスとスカートがセパレートになっているというものだったので比較的楽勝ぽい感じ。
「女物はボタンかけるのが逆で大変だった」と律儀にボタンまでしめてちゃんと試着しているようちゃんさんの意気込みに感心しつつ、多少デザイン的には妥協点はあるけど、値段も手ごろなのでこれにしようという事で決定。

試着を待っている間に会長さんが色々なメイド服を体にあてがって鏡をみたりしてたけど、会長さんも試着すればよかったのになあと思いました。

付属品としてカチューシャが付いていたのでそれは問題ないとしても、オーバーニーのソックスがないと絶対領域を作り出すことが出来ないので白いオーバーニーもあわせてご購入。

ちなみにかったのはこんな感じのやつで、今考えてみると多分メイドじゃなくてウェイトレスぽいなと思ったり。。
でもきっと素敵に着こなしてくれる事でしょう。

その後食事をしに秋葉原駅前のビルに行ったのですが、まあその辺はまた後で書きますね。

なまえ:部長
こめんと
会長。 2006年10月16日 01:36

こんなカンジと言うか…
コレじゃね?!

以下割愛。

ようチャン 2006年10月17日 01:02

書いてあることに間違いはないが、どうにも…おのれー

次は二人のメイド服を買いにいってやるぅ
…一杯引っかけてからな(笑)

こめんとを書く












このページのトップへ