2006/11/22 23:13


さむい

さむいので焼酎がすすみます。
そろそろ暖房入れないと厳しい季節になってきました。

ここのところは死神の精度という本を読んでいます。

死神が人間を調査してこの人は死ぬべきか、まだ生きるべきかを7日間で判断し「可」「見送り」の判断をします。
「可」とされた人間は次の8日目に死んでしまうのですが、果たし果たしてというオムニバス。

主人公の死神は人間は不思議な生き物だと思いながら調査をしていてるのですが、それがまた逆に人間ぽくて面白いです。

死神の精度

部長は「恋愛で死神」というエピソードが愛しくも切ない感じで好きです。
ってまだ全部読んでないんだけど。

なまえ:部長
こめんと
こめんとを書く












このページのトップへ