2006/12/11 00:27


東京人生。その2。

東京人生SINCE1962

荒木経惟って自分の中ではケバいイメージがあって。
今回の展覧会はソレと違っていたので行ってみたいなと。

写真の良し悪しなんて正直分からないのですが…東京人生、良かったです。

60年代から今まで(44年間分)の作品があって。
初期のモノなんか、何か見い出そうとしてすごくチカラが入ってるんですよね。
で、だんだん抜けてくる…良い意味で。

彼の撮影風景の映像が流れてたんだけど、三脚にカメラつけて、そのまま歩き回ってるの。
何でもないトコで立ち止まって、三脚立ててシャッターを1・2回押したら畳んで、また担いで歩く。
あー…このオッサン…っとに好きなんだなーって。

東京の街風景なんて色んな人が撮ってるし、代わり映えもしないのだけど。
上手く説明出来ませんが、荒木というフィルターがかかった写真なら見てもイイと思った(エラソー)。

パッと1枚だけ見せられたら素通りしそうでも、年代を追って見るとなかなか良いものです。

つワケで、荒木経惟スゲーよ。
24日まで開催してます、両国に用事がある際は是非(笑)。

上の写真集も良いです、会長は会場で買いました。
この内容で1500円とは破格です…

なまえ:会長
こめんと
こめんとを書く












このページのトップへ