2007/06/29 01:11


中トロ

そうして、約200円で包丁と保存パックを手に入れたptaですが、ここで新宿に移動とあいなります。
そのまま上野にいれば、まあビニール袋に包丁入れて持ち運んでいても結構イケるテンションだと思ったわけです。

これがいざ新宿に行って、たとえばお巡りさんに職務質問でもされたらどうしようもないわけです。
でも、どうせお酒も飲むなら帰るのも安心な新宿に行ったほうがいいという二人の暗黙の了解によって新宿に移動。
さすがに包丁とかをビニール袋に入れて持ち歩いていたら不審な感じ満点なので会長さんのリュックにしまって。。。

とりあえず個室っぽい感じの場所があれば、そこで歌ったりしようが、マグロをさばいたりしようがどうにかなるだろうという安直な考えで、そういう場所を探してさまよう二人。

しかしまあ、日曜日の夜だっていうのに新宿は混んでますねえ。
みんな早く家に帰って、このマグロを持ってさまよっている二人にゆずってくれればいいのに。
途中カラオケにでも入ってこのマグロをどうにかしちまおうという誘惑に駆られたりしたのですが、どうせ飲むならカラオケだと割高になるという会長さんの助言により、根気よくお店を探してどうにか見つけました。

扉の開かない半個室的なところでしたが、切羽詰っている二人にはどうでもいいこと。とりあえずこの手許にあるマグロをさばければいいのです。
というわけでお店に入り、適当に飲み物と食べ物を注文してチャンスを待つのでした。

まあ、ここまできてしまえば後は造作もないこと。
とりあえず淡々と100均で買った包丁と保存パックでミニ板場を作る会長。
淡々と買ったマグロのパックをあけて板長ならぬ会長に渡そうと準備する部長。
ひさびさに息の合った連携プレイをみせました。

んで、まあ店員さんの目をきにしながら無事に中トロと大トロを半分に分け、明太子も入れてもらって無事に事完了したわけです。
きっと後にも先にもあの飲み屋さんの客間でマグロをさばいた人はそうそういないことでしょう。
逆に言えば居酒屋の可能性を追求したというわけです。

そんなこんなで重荷を下ろした二人は夜が更けるまで、今後のptaについてとか、仕事についてとか、昔話について花を咲かせて岐路につくのでした。

まったく最後のイベントがとても楽しかったので、写真を撮りにいってたことなんてあんまり憶えていなかったりするのですが、目的や目標はことごとく覆すのがptaの信念なわけです。

なまえ:部長
こめんと
会長。 2007年06月29日 02:12

「続く続く」の連続でしたが、書ききってくれて有難う。
まあ…完全個室だったら、普通にその場で食べてたよね絶対。
つーか食う気マンマンだったような気も…

部長 2007年07月01日 22:11

部長は続きは書く人間だ。えっへん。
たしかにねー、微妙に扉が開いてたから自重してたけど、扉閉まってたらわからんね。

ご飯だけたのんで勝手に明太子のせて食べるとかすごい贅沢な気がしてきた!

こめんとを書く












このページのトップへ