2007/08/21 02:20


宴。

で。
とりあえずGenius Partyの感想を書けばイイのかな?会長です。

えーとねー…
良かったです(そんだけ!?)。
なんつっても、監督勢がさ。

Genius Party - ジーニアス・パーティ | 監督

観るべき作品だったと。
ソレが一番の理由です。

なんですが、
7作品の中からいくつか感想を…

#1 福島敦子|GENIUS PARTY
正直、ただのオープニングだと思った…
つまり、まとまりが良いんです。
この後に続く作品に期待させられると言うか…
コレだけは「映画館で観る」価値が高いなーって思いました。

#2 河森正治|上海大竜
楽しい。迫力満点だし、なんつっても設定と展開が嬉しい。
潜在能力系とかヒーロー願望強い人は好きだと思います。
日本語よりも上海語(?)が多いのだけど、分かりやすい設定なので伝わるし。
その辺が描写やテンポが良くないと出来ないワザだなーと。

#6 湯浅政明|夢みるキカイ
制作しているSTUDIO4℃の得意分野とマッチングしてて、個人的には一番好きです。
ショートムービーなんだけど、ループするストーリーなので広がりを感じます。
完結しない所が印象深い!心に残る作品。

#7 渡辺信一郎|BABY BLUE
現実的な設定にちょっとスリルを加えている程度の、実写でも良さそうな作品。
そーゆー視点で見ると、アニメの表現力って偉大…胡散臭くない。
空想的な作品が続く中で、最後にコレが来るのも好印象でした。

…うむ。

『制約は、ゼロ。』っつーコトで。
個々の狙い所が興味深い映画でした。

第2弾もあるっぽいんですよね?この宴は。
楽しみ楽しみ。

なまえ:会長
こめんと
こめんとを書く












このページのトップへ