2007/10/20 01:46


百鬼夜行抄

かなり前から読んでいて、未だに読み続けている百鬼夜行抄。
文庫版でしか買っていないので、半年に一度くらいしか出ないのですが、それを待ち遠しくしているわけです。
百鬼夜行抄 (9) (ソノラマコミック文庫)
まあ、話としては怪奇的な感じなわけですが、情緒がある話があっていいんだよなあ。
蟲師的な。

あー、そういえばこの間「時効警察」をまとめてみたのですが、蟲師との共通点としてオダギリ・ジョーが挙げられますね。
時効警察のオダギリジョーについては、かなりいい感じだったので蟲師もみてみたいなあ。
幻滅しそうな気配もあるけど。。

なまえ:部長
こめんと
こめんとを書く












このページのトップへ